湯奴-yuyakko-

元・社畜の雑記。V系と女性アイドルとアニメと読書が好きだから毎日忙しい。



スポンサーリンク

【第8回】岐阜ビギナー読書会レポ【読初会】

f:id:yuyakoyu:20181014210058j:plain

どうも、湯屋こゆです(`∨´*)
今回は2019年5月に開催した読書会レポをお届けします♪
今までのレポはこちらからどうぞ。

 

第1回 テーマ:ミステリー
第2回 テーマ:恋愛
第3回 テーマ:2018年に読んだお気に入り本ベスト3
第4回 テーマ:笑
第5回 テーマ:痛
第6回 テーマ:メディア化作品
第7回 テーマ:ほっこりorハッピーエンド

 

 

テーマ

f:id:yuyakoyu:20191126080805j:plain

今回のテーマは「エッセイ or ノンフィクション」でした!
参加者は5名でした。ご参加ありがとうございます♪

 

探してるものはそう遠くはないのかもしれない / 新井見枝香

探してるものはそう遠くはないのかもしれない

本好きな人は知ってるかも?そうでもない人には誰それ、な、本屋さんの売り場で働いている書店員、新井さんのエッセイ。本が大好きで、直木賞みたいなていで「新井賞」を作ってみんなに読んでほしい!と思った本を紹介する人です。

話題は本以外のことにものぼり、テンポよく読めるそう。

 

 

 

英国ミステリ道中ひざくりげ / 若竹七海・小山正

英国ミステリ道中ひざくりげ

小説、英国ミステリ大好き!なご夫婦によるイギリスの旅エッセイ。写真や地図満載でゆかりのある地を紹介してくれる、ミステリ好きにはたまらない1冊です。現地の古書店ガイドも載ってます。イギリス行くときにこの本を持っていったらより楽しめるかも!

 

 

神さまたちの遊ぶ庭 / 宮下奈都

神さまたちの遊ぶ庭 (光文社文庫)

まず表紙デザインがとんでもなく可愛いな!?
北海道の真ん中にある、トムラウシというところに家族で1年間過ごしてみましたエッセイ。スーパーまで37キロ、とにかく寒い、大変だけれど、トムラウシで生きる人々のたくましさやあたたかさを感じる1冊だそう。

 

北海道は新婚旅行で行きました。とても魅力的だけど、実際に住もう!とはなかなかならないので、決断力とフットワークの軽さに憧れます。すごい。

 

じぶん素描集 / 原田 宗典

じぶん素描集

この読書会で教えていただいたのですが、この著者、原田マハのお兄さんなんですって。兄妹そろって小説家なのか…!

 

子どもの頃に考えていたこと、日常のできごと、最近の妄想、などを集めた書き下ろしエッセイ。さくさく読めるそうです。

 

〆切本 / 夏目漱石,江戸川乱歩,村上春樹,藤子不二雄Ⓐなど90人

〆切本

どんな本なのか、表紙ですべて分かりますね!
名だたる作家たちによる〆切にまつわるエピソードの数々が収録されています。趣味でも仕事でも、なにかしら書く(描く)ことをしている人には特に刺さるんじゃないでしょうか。催促する側の人の感想も聞きたい!

 

酔って記憶をなくします / 石原たきび

酔って記憶をなくします (新潮文庫)

mixiのコミュニティに寄せられた、酔っ払いの失敗エピソードを集めた本。
だけど、意外と女性の投稿が多かったそうです。
電車の乗り過ごしという定番から、ケガ、意味不明な行動など盛大なやらかしエピソードが満載。
それでもお酒はやめない!という人が多いらしい。強いな…!

 

 

ミステリーの書き方 / 日本推理作家協会

ミステリーの書き方 (幻冬舎文庫)

ミステリー作家43人がどうやって小説を書いているのか教えてくれます。
大ボリュームだけど、面白くて2日ほどで読みきってしまったそうです!

 

アイディアはいつどうやってひらめくのか?なども答えてくれるので、小説を書いてみたい人や、ミステリーが好きな人にオススメの1冊。

 

延長戦に入りました / 奥田 英朗

延長戦に入りました (幻冬舎文庫)

スポーツに関するエッセイ。著者は大の中日ドラゴンズファンだそう。
でも野球の話題だけではなくて、レスリングのタイツは何故乳首を出すのか?など、言われてみれば…な、ちょっとちがった視点で書かれているので、普段スポーツに慣れ親しんでいない人にも読みやすいそうです。

 

 

時をかけるゆとり / 朝井リョウ

時をかけるゆとり (文春文庫)

「これ積んでる(家にあるけど読んでない)」と言ったら、参加者2人に「もったいない!(早く読め)」と言われた1冊。
読書会後、あわてて読みました。ほんともっと早く読めばよかった!

『桐島、部活やめるってよ』や『何者』などを書いた朝井リョウのエッセイです。

f:id:yuyakoyu:20191128123507j:plain

持ってきてくれたのはサイン本でした~!すごい!

 

内容としては、主に学生時代にやらかした無茶と、おなかが弱いことが中心。あとおしりに爆弾抱えてること。
紹介してくれた方のお気に入りエピソードは麻生十番のおマックの話だそうです。私も好き!

 

思わずふきだしてしまうタイプの笑いなので、家で読んだ方がいいです。電車で読んだら後悔するよ!

 

天才はあきらめた / 山里亮太

天才はあきらめた (朝日文庫)

この読書会の翌月、山ちゃんの結婚報道がありました~めでたい!

 

自分に厳しくストイックで、尋常でない努力家ということが読んでいるとひしひしと伝わってくるそう。
この本は私も読んだんですが、同感です。努力ってがむしゃらにやってるだけでもすごいし、自分頑張ってるな~って酔えるけど、山ちゃんはたくさん間違えながらも「正しい」努力を見つけることができた人。とてもカンタンにマネはできない…。すごいよ山ちゃん。

オードリー若林の解説も嫉妬とリスペクトにまみれててよかったですb

 

以上、紹介いただいた本でした!ここから先は私の紹介本です。

 

アイドル、やめました。AKB48のセカンドキャリア / 大木 亜希子

アイドル、やめました。 AKB48のセカンドキャリア

アイドルが好きなので読みました。表舞台や女性の頑張りに対する価値観がちょっと揺らぎます。

 

48グループやカフェで活動していた女の子たちが、アイドルを辞めたあと、どうしているのかを追ったドキュメンタリー。
ぶっちゃけほぼ誰?っていう子しか載ってません。
一般社会になじんだ子も居れば、別の表舞台で活躍する子、裏方にまわった子、いろいろです。

 

一番の感想としては、アイドルって個人事業主だったんだ…ということ。
自分で考えて自分で選択して行動していた経験は、アイドルをやめてもなお、たくましく彼女たちを支えているんだなぁと感じます。

 

 

阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし / 阿佐ヶ谷姉妹

阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし

つい最近、阿佐ヶ谷姉妹のモーニングルーティーン動画がツイッターで人気になってましたね。

この動画で笑ったりほっこりした人は絶っっっ対に気に入るからエッセイも読んでください!


阿佐ヶ谷姉妹のおふたりが一緒に暮らしてた頃のエッセイです。
お互いにちょっとした不満がありながらも、じょうずに折り合いをつけて暮らしている様子がほがらかで最高。

 

結婚とか出産とか、女性であるがゆえに話題になりがちなトピックから離れたところで
生活をする2人を見てると、そんなしがらみは捨ててしまっていいように思えてきます。

 

まとめ

以上13冊でした!
ふだんエッセイを読まない方も気になる本があるといいな~。読みたい本が今回も増えました♪

 

毎月1回、金曜夜に岐阜で開催してるのでお気軽に遊びにきてください(`∨´*)♪

ではでは今回はこのへんで。

 

bookmeter.com