湯奴-yuyakko-

元・社畜の雑記。V系と女性アイドルとアニメと読書が好きだから毎日忙しい。



スポンサーリンク

【第3回】岐阜ビギナー読書会レポ【読初会】

どうも、湯屋こゆです(`∨´*)
2018年10月から始めた読書会。今回は12月におこなった第3回のレポです。

 

今までのレポはこちらからどうぞ。
第1回 テーマ:ミステリー
第2回 テーマ:恋愛

 

 

 

テーマ

今回のテーマは「2018年に読んだお気に入り本ベスト3」です。ベスト3だけど、4冊紹介してくださった方も居ました。そのへんはゆるくやってます。
本が発売されたのは2018年じゃなくてもOKにしましたb

 

紹介本

f:id:yuyakoyu:20190211184422j:plain

今回は2名の方が参加してくださいました嬉しい~!
この日は西日がすごかった…1冊は手元になかったので合成です。

それではさっそく持ち寄ってくださった本を紹介します♪

 

 

どうぶつさん気分

どうぶつさん気分

twitterで人気の「しかるねこ」を描いてるもじゃクッキーさんの作品。
イラストに短めの文が添えられています。ほんわか絵柄でじんわり深い、見て読んで楽しいイラストブックです。

ちょっぴり愛の重いヒヨコさん、ちょっぴり自虐的なリスさん、ちょっぴり不器用なウサギさんなど、出てくるのはちょっとちょっぴりクセの強いどうぶつさんたち。

自分の気持ちを代弁してくれるどうぶつさんが居るかも?
私はハリネズミさんに近い気がします…。

 

私はあなたの瞳の林檎

私はあなたの瞳の林檎

表紙デザインがポップでかわいい!3つのお話が入ってるそう。
表題作は、主人公の男の子が林檎という女の子に恋するお話。
「好き」の気持ちを周りにからかわれても貫き通すひたむきさがまぶしい。

次は美大生の女の子が芸術の天才とお付き合いするお話「ほにゃららサラダ」
憧れの人と付き合うことは果たして本当に幸せなのか?どうしてこんなタイトルなのかも気になる!

最後の「僕が乗るべき遠くの列車」はよく分からなかったとのこと。
なんだろう、分からんと言われるとより心惹かれる不思議(((^-^)))

 

愛なき世界

愛なき世界 (単行本)

鮮やかなブルーと精緻な植物に目を奪われる1冊。
中の透け紙には植物細胞が描かれていて、装丁がとても綺麗なので、ぜひ本屋さんで手にとってみてくださいb

帯の謳い文句には「恋のライバルは草でした(マジ)」とあるのですが、草の擬人化とかそういったファンタジーではなく、植物が大好きな人に恋するお話。
植物に熱中しているさまは魅力的に映るのか呆れてみえるのか、植物は嫉妬の対象になりうるのか?

三浦しをんは「舟を編む」がとても面白かったので是非これも読んでみたい!

 

クライマーズ・ハイ

クライマーズ・ハイ (文春文庫)

飛行機の大事故を取材する、地元の新聞記者の奮闘を描いた作品。
1985年に起こった「日航ジャンボ機墜落事故」を題材にしているそうです。

この事故が起こった当時、作者は新聞記者。その経験を活かして書かれているので、お仕事小説の側面もありそう。

命の重みを、こういった社会派小説から感じるのは、きっとリアルで重い。

 

闇に香る嘘

闇に香る嘘 (講談社文庫)

主人公は病気を患った孫のために腎臓を移植しようとしますが、適合しません。
それならば兄に頼もうとしたところ、兄は検査すら拒否。その態度に違和感を覚える主人公。
この人は本当に自分の兄なのか?真相に迫るミステリー。

ポイントは主人公が全盲であること、兄が中国残留孤児であること。目が見えない状態で一体どうやって真相を突きとめるのか…。

思いっきり翻弄されながら読みたい1冊です。

 

サイコ

サイコ (創元推理文庫)

海外のホラー映画で有名なワンシーンといえば、シャワーを浴びてたら殺人鬼に襲われるというアレを思い浮かべる人も多いはず。その原作小説です。

シャワールームで殺されてしまうのはOLのメアリ。メアリは一体何者に襲われたのか、恋人と妹が真相に迫るサイコホラー。

「ハンニバル」などに出てくるレクター博士の物語もこの作品から影響を受けているのでは?とのこと。

 

侠飯

侠飯 (文春文庫)

「おとこめし」と読みます。
就活中の大学生の男の子が、一人暮らししているアパートに帰ったら、なぜかアパート下でヤクザ同士が抗争中。
危うく命を落としそうになるところを、一方のヤクザに助けられて、なんやかんやで自宅でかくまうハメに。
そのヤクザが作るご飯がめっちゃ美味しいという話。もう絶対面白いやん…?

漫画化やドラマ化もされたそうです。ヤクザに胃袋つかまれるってどんな気分なんだろうな…。

 

 

 

私の紹介本3冊

こちらの記事にまとめてあるので、読んでもらえたら嬉しいですb

 


読書会を終えて

今回「読書会というものにはじめて参加しました」と言ってもらえてめちゃくちゃ嬉しかったです!
私は読書メーターの中でも圧倒的に読んでる冊数が少なくて、どの読書会に行っても教えてもらってばかりです。でもそんな奴でも読書会は開けるし、参加もしてもらえるんだ!ということを実感できました。
もう気分は「人生で初めて買ったCDはアナタの曲です」って言われたバンドマンです。それくらい嬉しい。

 

2019年も続けていくのでお近くの方、お時間あう方は気軽に来てやってくださいね~。
早速今週末にもやりますb

 

ではでは今回はこのへんで。